お車の事故やトラブル

  • お電話でのご相談
  • メールでのご相談
  • オンラインでのご相談

もし事故に遭われたら・・・

まずは「保険のアスコンサル」までご連絡ください!

夜間・休日の事故のご連絡は下記の各保険会社へ

  • 東京海上日動安心110番(ロードアシスト受付)
    0120-119-11024時間365日受付 
    事故受付・ロードアシスト・レンタカー等諸費用アシスト
  • 「超保険」ご加入のお客様専用 ダイヤル
    にご加入のお客様0120-110-894

事故現場での対応

慌てずに次の対応をお取りください

1.ケガ人を救護

救急車を呼ぶ、自分で近くの病院に運ぶなど状況に応じて適切な方法をとってください。

落ち着いて、事故現場の住所、事故状況、けが人の状態等をお伝えください

2.事故車を安全な場所へ

事故車をそのままにしておくと、交通渋滞や二重事故の原因になります。
事故現場の状況・位置は確認し、事故車を安全な場所へ移動してください。

3.警察に連絡する

110番に電話してください。保険金請求の際、交通事故証明書を提出することが必要です。後で「交通事故証明書」を取付けるために、たとえ軽微な事故であっても、必ず警察に事故届をしてください。

※「交通事故証明書」を提出しないと保険金が支払われない場合がありますのでご注意下さい。警察にはあいまいな言い方は避け、伝えるべき点ははっきりお伝えください。

4.相手方を確認

加害事故、被害事故にかかわらず以下の項目を確認し、メモに残してください。

  1. 免許証などでお相手の氏名、連絡先、住所
  2. お相手車両の登録番号
  3. お相手の保険会社、証券番号、契約者氏名、連絡先

5.事故の状況と目撃者の確認をする

事故の状況は賠償額を決定する上で重要です。メモや写真で記録してください。

  1. 事故状況(お互いのスピード)
  2. 道路状況(信号・道路標識)
  3. 衝突地点・停車位置・スリップ痕など

※また目撃者がいたら、氏名、連絡先なども聞きメモしてください。

【注意】その場では示談をしない

人身事故、物損事故いずれの場合も事故現場では示談等約束はせずに、東京海上日動と十分打ち合わせをしてください。「修理代や治療費をこちらで負担します」といった約束をしたり、その場で金銭の支払いはしないでください。

6.弊社または東京海上日動へ連絡する

事故の状況をお知らせください。

※補償を受けられる方に責任が全くない「もらい事故」の場合にもご連絡ください。

7.事故車をディーラー・整備工場へ

事故車を修理工場へ運びます。損害が大きく、走行できないときはレッカーを頼んでください。※ 東京海上日動ではお車の事故や故障を、24時間365日体制できめ細かくサポートする「ロードアシスト」をご提供しています。
(車両搬送サービス・緊急時応急対応サービス・燃料切れ時ガソリン配達サービス・おクルマ故障時相談サービス)

修理される前に・・・

まずは「保険のアスコンサル」にご相談ください!

東京海上日動の提携修理工場を紹介いたします。代車の手配などスピーディーに対応いたします。事故報告の際におたずね下さい。

※保険会社が承認する前に修理された場合、保険金の一部または全部をお支払いできないことがあります。修理をされる前に必ず弊社または東京海上日動にお知らせください。

事故のご相談

オンラインでのご相談

ご来店なしでもお気軽に
ご相談いただけます。

詳しくはこちら >
TOP